TOP > よくある質問

よくある質問

尾張東部成年後見センターについて

尾張東部成年後見センターとは、どのような組織ですか?
尾張東部成年後見センターは、尾張東部地区5市1町(瀬戸市、尾張旭市、豊明市、日進市、長久手市及び東郷町)が費用を負担し合い、特定非営利活動法人尾張東部成年後見センターにその運営を委託しています。
誰でも無料で利用できるのですか?
尾張東部地区5市1町(瀬戸市、尾張旭市、豊明市、日進市、長久手市及び東郷町)にお住いの方は無料で相談を受けさせていただきます。お気軽にご相談ください。

成年後見制度について

成年後見制度の申立てができる人は誰ですか?
本人、配偶者、四親等以内の親族、市町村長、検察官などです。
成年後見人は他人でもできますか?
家庭裁判所が認めればできます。配偶者、親、子、兄弟姉妹などの親族、または、弁護士、司法書士、社会福祉士、法人、知人などの第三者がなる場合もあります。
成年後見人はどんなことをするのですか?
成年後見人の主な業務は、財産管理と身上監護です。 財産管理は預貯金の出し入れ、保険料や公共料金の支払いなどです。 身上監護は施設への入退所契約の締結、介護や福祉のサービス利用契約などです。ちなみに、食事、排泄、入浴の世話、買い物など外出の際の付添 は成年後見人の業務とはされていません。
成年後見制度利用までの期間と費用はどのくらいかかりますか?
利用までの期間は、家庭裁判所に申立てをしてから4カ月以内の割合が多いです。審理期間は年々、短縮する傾向にあります。費用は、切手、印紙等で12,000~13,000円程度必要となります。さらに、鑑定書の必要の場合は、鑑定費として30,000~50,000円くらい必要となります。鑑定書作成の必要の有無は、家庭裁判所が判断します。
低所得の人でも利用ができるのですか?
できます。資産の多い、少ないにかかわらず、生活は守られなければなりま せん。低所得の方で、申立て費用、後見報酬等を負担できない方について は、国の補助制度である「成年後見制度利用支援事業」を利用し、成年後 見制度利用ができる仕組みになっています。
任意後見制度はどのように手続するのですか?
信頼できる人、契約の内容を決め、公正証書で任意後見契約を結ばなければなりません。自分が元気なうちに、信頼できる人に、自分の将来のことを任せられる点で有効な制度です。


職員の活動日誌(ブログ)
ダウンロード
お問い合わせ

特定非営利活動法人
尾張東部成年後見センター

〒470-0136
日進市竹の山四丁目301番地
日進市障害者福祉センター内
TEL:0561-75-5008
FAX:0561-75-5088
[受付時間] 平日 9:00~17:00

地図はこちら